野球クイズ

今年度初の廣戸先生のNHKカルチャー青山教室は、皆さん共通の身体の使い方のお話しから4スタンス別の骨格の違いのお話しでした。
さて、突然ですが、問題です!
ある野球選手がいました。
その選手はバットをフルスイングした後に片手を離してしまうことをコーチから注意されてしまうのだそうです。
何を改善すればいいでしょうか?
文書だけじゃわからないですよね😅
これは廣戸先生が実際に授業中に出した問題だったんですが体現されながらヒントもありましたがなかなかパッと見では難しい問題でした。

「片手を離してしまう」というところが問題なので、アドバイスとしてはスウィングの仕方や手の角度や体幹の使い方〜などあれこれコーチ的には言いたくなってしまいそうでよね。しかし、答えは

「踏んでセッティングする」です。

✖︎地面を踏まずに構える
○地面を踏んで構える

椅子に座る時も同じ事が言えますが、脚の力を抜いて座ると座ったあとのお尻も力が抜けます。
地面を踏んで座ると力を抜いても姿勢が保たれます。

ジャンプするときも地面を踏みますよね。
そんな感覚です。

話しは野球に戻りますが、バットを持って構えるときにちゃんと踏んでセッティングができると身体の柔軟性も上がり、結果的に「バットを最後まで両手で握ったままフルスイングができる」という事でした!4スタンスタイプの前の全員共通するお話しですね。

この他にもタイプによる顔の角度(クロス、パラレル)水平感覚を崩して構えるとどうなるか?ちゃんと感覚もてたまま構えると身体はどう反応するか?など参加者の方に前に出てきてもらってその場で実験をしました。

初めて参加の方には「ちゃんと立つ」実験で、滑る素材シートの上に立ってもらって不安定な状況での身体の反応を実感してもらいました。
実感なく実感するので不思議です。

小学生から大人の方まで参加者の方も幅広いので興味のある方は2月、3月お待ちしています!

軸を感じて しなやかに【4スタンスJIKU体操】

「軸」って何?腰痛や肩痛がツライ、日常動作の美しさからスポーツ上達までアナタに合った姿勢・健康的な身体の使い方を覚えませんか!老若男女問わず優しく効果的です。JIKU体操でアナタの「軸」をみにつけ、しなやか元気いっぱいの日常を楽しみましょう♪

0コメント

  • 1000 / 1000