ちゃんと狙うって具体的にどういうこと!?

9月の青山NHKカルチャー廣戸先生クラス。
バレーボールのお話から始まり、
★構えの意味と実践
★両手の役割
★タイプ別お尻歩き
★鎖骨のイメージ
★体幹から末端へのリポーズ
★狙うということ
★体幹足上げ下げ

といった内容でした。
構えは力を抜いていると反応できても身体がついていかないことを皆さんで実践しました。
鎖骨のイメージ
する、しない、で体幹や腕の可動域が全然違いました。そこにつながるリポーズも教わり、腕は体幹から繋がっていることがよく理解できます。
(話は変わりますが、ホワイトボードのイラストが立体的リアルで凄いことに感動。)

最後の方に、子供のゴルフ現場でのお話があって、
よく大人は「よく狙って打ちなさい!」というけれど「狙う」って具体的にいうとどういうこと?と、うーん、、むにゃむにゃ。。となります。

「狙う」とは、標的に「鼻先、胸」を向け「狙う目」になっていること。狙う目というのは例えば、
【何か的に親指を向けて見ていると、親指が透けて的が見えてくる事です。】
これは訓練するとすぐに出来るようになります。
これが、ちゃんと狙うってことだよ。と子供には具体的に教えてあげましょうね!というお話で大変勉強になりました。

今期は(7.8.9月)は体幹を柔らかく使うリポーズも多く、4スタンスの知識と実践でより理解が深くなったのではないでしょうか^ ^
スポーツ現場の裏話が聞けるのも楽しみですよね♪

次回は10月27日(土)です。
身体の使い方、軸体操リポーズを学べるクラスはこちら。次回は9月29日(土)です。

軸を感じて しなやかに【4スタンスJIKU体操】

「軸」って何?腰痛や肩痛がツライ、日常動作の美しさからスポーツ上達までアナタに合った姿勢・健康的な身体の使い方を覚えませんか!老若男女問わず優しく効果的です。JIKU体操でアナタの「軸」をみにつけ、しなやか元気いっぱいの日常を楽しみましょう♪

0コメント

  • 1000 / 1000